【転職】面接対策ガイド①質問内容と返し方 | 教育・福祉・医療の人材紹介ミライズサポート/ご相談・紹介は無料!
【転職】面接対策ガイド①質問内容と返し方
転職お役立ち情報

【転職】面接対策ガイド①質問内容と返し方

こんにちは!ミライズサポートの野田です。

今日は、面接で質問されることが多い内容を5選、ご紹介いたします。

まず初めに一番大事なポイントとして、”マイナスな話を絶対にしない”という

ことを意識していただきたいと思います。

”マイナスな話なんてするわけないじゃん!!!!”と思う方もいらっしゃるかと

思いますが、ついうっかり話してしまうこともあるのです・・・。

例えば、「前職を退職した理由を教えてください」

と質問された際、人間関係がうまくいかずに退職したとしたら、どのようにお答えされますか?

そのまま「人間関係がうまくいかずに退職しました」と言ってしまうと、

“コミュニケーションが苦手な人なのでは?”

“うちの会社に入っても同じようなことになるのでは?”という印象になってしまいます。

このような場合は、直接的な表現は避け、前向きな表現に言い換えることが大切です。

新しい環境でスキルアップをしたい、風通しがよく、社員同士の意見を尊重しながら協力して働ける職場で働きたい、

と言うように、ポジティブな言葉を選び、志望動機に結び付けられる内容にするようにしましょう。

それでは、転職の際に面接で質問されることが多い内容5選をご紹介します。

①志望動機を教えてください

紹介会社を経由した応募の場合、「自分の条件に合った職場を探していたところ、貴社を紹介していただきました。」

と冒頭に一言添えたあと、自分の希望する内容と応募した会社の条件などが合っていることなどを交えながら貴社で働きたいです!!という意欲が伝わるような内容にしましょう。

②前職の業務内容を教えてください

転職の場合は基本的に履歴書と合わせて職務経歴書を提出しますが、これまでの業務内容を細かく、正確に伝えましょう。

③スキル・得意なことはありますか?

業務におけるスキルとして、PCの操作(Excel、Word、PowerPointなど)がどの程度使用できるか、活かせるスキルがあれば大いにアピールしましょう。

④前職を退職した理由を教えてください

冒頭で説明したとおり、ポジティブな言い換えを心がけましょう。

前職を批判するようなこと、金銭的なことなどはマイナスイメージにつながります。

⑤質問はありますか?

「特にありません」という回答はもったいないです。事前にホームページなどで会社概要や理念などを調べ、

疑問に思ったことを質問すると、しっかりと準備してきた意欲が伝わりますよ!

今回は面接で聞かれることが多い質問5選をご紹介しました。

引き続き、転職に役立つ情報を発信してまいります!

前のページへ
在宅医療ってなに?パート2【地域包括ケアシステム編】
次のページへ
【子育て】企業主導型保育園って何??
関連記事